COLUMN

コラム

室内用薪ストーブは煙突を重視するのがおすすめ!必要なメンテナンスとは?

室内用薪ストーブの性能を最大限に生かして、安全に使用するために煙突の役割について把握しておきましょう。

薪ストーブを使う際は安全のためにも、煙突の役割やメンテナンス方法を知っておくのがおすすめです。こちらでは、煙突の中でも特に重要な煙突の出口やメンテナンスについて解説いたします。

薪ストーブを使うなら、まずは煙突の出口について知っておこう!

煙突

煙突の出口は薪ストーブを設置する上で最も重要なポイントです。

設置するのは薪ストーブの上、もしくは横側になり、どちらの場所に設置すればよいのかは、薪ストーブの構造とテントの構造によって決定します。それぞれ詳しく見ていきましょう。

薪ストーブの構造

薪ストーブを設置する際に、煙突を取り付ける部分が上か横なのかを確認しましょう。ほとんどの薪ストーブは煙突を取り付ける位置が決まっているので、難しくはありません。BLISS-SPの煙突は背面上部に取り付けます。

前面下部と後部下部の調節レバー付き吸気口から空気を取り入れて、大型薪ストーブのような空気循環で空気の流れを作ることで二次燃焼を起こしています。

テントの構造

テントの中で薪ストーブを使う場合は、テントの構造によって煙突の出口の位置が変わってきます。

・煙突の接続口が上向きの場合テントの上部に煙突を出せるような隙間があれば、煙突を伸ばして、そこを出口にします。薪ストーブが燃え始めると煙突はかなりの高温になるだけではなく、テントが燃えたり、溶けてしまったりする恐れがあります。

そのため、煙突を設置する際は「煙突ガード」というプロテクターを必ずつけるようにしてください。また、煙突が短すぎると、煙が上昇気流に乗れずに、テント内へ逆流することがあります。煙突の長さが足りないと感じたら、延長煙突をつけるようにしましょう。薪ストーブキャンプでは、テントメーカー推奨のものを必ずお使いください。

FIREGRAPHIXでは、BLISS-SP専用のオリジナル煙突(オーバーレイチムニー)とチムニートップ、チムニーガードを取り揃えております。より安全かつ快適に薪ストーブを活用できるよう、ぜひ併せてご利用ください。オーバーレイチムニーとチムニーガードはBLISS-SPの中に収納できるサイズとなっているため、持ち運びや収納の際もコンパクトになり便利です。BLISS-SPは室内用としてもお使いいただけます。

薪ストーブのメンテナンス方法とは?

ストーブのメンテナンス

薪ストーブの性能を維持しながら安全に使うためには、定期的なメンテナンスが必要です。こちらでは、薪ストーブのメンテナンス方法を解説いたします。

窓ガラスの掃除

窓ガラスには薪を燃やしたときの、煤やタールが付着していて、放置しているとこびりついてしまいます。濡れた布やキッチンペーパー、薪ストーブ専用のガラスクリーナーで汚れを落としましょう。

ただし、ガラスを傷つける恐れがあるため、研磨剤入りの洗剤は注意が必要です。BLISS-SPは何度も試作を重ねて完成した理想的なエアーカーテンにより、窓ガラスが煤で汚れにくく、美しい炎をお楽しみいただけます。面倒な窓ガラスの掃除の手間が省けるのも魅力です。

中の灰を定期的に取り出す

灰には炉床を熱負担から守るという役割があるため、頻繁に掃除する必要はありません。しかし、梅雨時期になると灰が湿ってしまい、サビの原因になることもあるため注意しましょう。

二次燃焼システムを採用しているBLISS-SPは、一次燃焼で生まれるガスや煤なども燃焼するため、燃えカスが少ないです。定期的に灰を取り出すという工程が省けるため、お手入れ・メンテナンスが非常に簡単です。

煙突の掃除

煤が煙突内部に蓄積されると、煙が外に出ず逆流したり、煙突火災が起こったりする原因にもなります。使用する際は煙突内に煤が溜まっていないかをチェックするのがおすすめです。

BLISS-SPの専用煙突「オーバーレイチムニー」は、丈夫でサビにくいステンレス製です。収納時のサイズが350mm×Φ108mmなので、内部のお掃除がしやすくなっています。

薪ストーブ本体の点検

薪ストーブを安全に使うためには、ネジの緩みやレバーに不具合がないかをしっかりと確認する必要があります。

また、ガスケットと呼ばれるドアの密閉部分を強化するために、グラスファイバー製のロープに剥がれや緩みがないかなども確認してください。万が一、部品が消耗していたり、不具合があったりした場合は修理・交換を行いましょう。

BLISS-SPはすべて自社工場でハンドメイド生産しているため、修理やメンテナンスなどのアフターフォロー体制も万全に整えております。「調子が悪いな…」と感じたら、お気軽にお問い合わせください。

FIREGRAPHIXでは、室内用としてご家庭や店舗などで使える、新世代の薪ストーブ「BLISS-SP」を取り扱っています。オーロラの炎が美しく、排気もクリーンなので、安心してお使いいただける製品です。

おしゃれな室内用薪ストーブをお探しなら!新世代の薪ストーブ「BLISS-SP」がおすすめ

薪ストーブを使う際には、煙突の出口の重要性について知っておきましょう。また、メンテナンス方法についても十分に理解しておくのがおすすめです。

FIREGRAPHIXでは、新世代の薪ストーブとして、室内用としてもお使いいただける薪ストーブBLISS₋SPを提供しています。室内用薪ストーブをお買い求めの際は、専用煙突(オーバーレイチムニー)や煙突ガード(チムニーガード)も併せてご検討ください。

室内用薪ストーブをお探しの方はFIREGRAPHIXへ

会社名株式会社 寿産業
サイト名FIREGRAPHIX
代表取締役布田 昭人
資本金1000万円
創業年月日昭和42年2月3日
住所〒257-0015 神奈川県秦野市平沢462−1
TEL0463-82-2152(代表)
FAX0463-83-1535
メールinfo@fire-graphix.com
URLhttps://fire-graphix.com/
事業内容焼付塗装・粉体塗装・精密板金・レーザー加工 ・各種看板・機械部品加工
従業員数38名
工場敷地土地/1900m² 建物/延2800m²