COLUMN

コラム

キャンプ用薪ストーブは種類で選ぼう!コンパクトで炎が美しいBLISSは通販で購入できる

キャンプで薪ストーブを利用するなら、おしゃれなものがいいと思っている方もいらっしゃるでしょう。薪ストーブは種類によって性能やデザイン性、炎の美しさが異なるため、種類による違いを把握して選ぶのがおすすめです。

こちらでは、薪ストーブの種類と魅力についてご紹介いたします。コンパクトで炎がきれいな薪ストーブをお探しでしたら、FIREGRAPHIXのオンラインショップをご利用ください。家庭用薪ストーブ並みの性能をアウトドアで実現するBLISS-SPは、コンパクトでありながら、まるでオーロラのように美しい炎がお楽しみいただける薪ストーブです。

キャンプ用薪ストーブを選ぶ前に知っておきたい薪ストーブの種類

薪ストーブ

キャンプで大活躍する薪ストーブは、種類によって性能や薪の燃え方、炎の美しさが異なります。どのような薪ストーブを求めているかによって適したものは違いますが、あらかじめ薪ストーブの種類について把握しておくのがおすすめです。こちらでは、サイズ・材質・ガラス窓をピックアップしてご紹介いたします。

サイズ

薪ストーブのサイズは、大きなものからコンパクトなものまで様々です。また、炉内のサイズも大容量の薪が入るものから少量のみ入るものもあります。

炉内のサイズは、炉内に入る薪の大きさに関わってきますので、購入前に確認しましょう。BLISS-SPは小型サイズながら、家庭用の薪ストーブに劣らないスペックを実現した薪ストーブです。本体サイズは縦318.5mm×横419mm×奥行512mm、燃焼室サイズは縦196~138mm×横395mm×奥行322mmと、長さ35cmの薪を3本平置きできるサイズとなっております。

材質

薪ストーブの材質は大まかにわけると「ステンレス製」と「鉄製」があります。ステンレス製の薪ストーブは、さびにくいというメリットがあります。鉄製はステンレス製と比べ、熱歪みが少なく、加工のしやすさからコストを抑えることができます。

通販でお買い求めいただけるBLISS-SPは、老舗金属加工メーカーがハンドメイドで生み出した、新時代の鉄製薪ストーブです。熟練したクラフトマンの匠と、半世紀以上の歴史を持つ精密板金・金属加工会社の先端設備をいかした、スペックとデザイン性を兼ね備えたメイド・イン・ジャパン商品となっています。

ガラス窓

薪ストーブは体を温めるだけではなく、炎を見て楽しむためのものでもあります。薪ストーブには、ガラス窓があるものとないものがあり、ガラス窓があるものであれば、きれいな炎を眺めることができるでしょう。窓ガラスの大きさも大小様々なので、窓ガラスありの薪ストーブを選ぶ際は、窓ガラスのサイズも確認するのがおすすめです。

BLISS-SPはガラス面が34cm×18cmと大きく、神秘的で美しいオーロラの炎を楽しむことができます。何度も試作を重ねて完成した理想的なエアーカーテンにより、ガラス面が煤で汚れる心配もありません。ガラス越しの炎を、まるでグラフィックデザインのようにお楽しみいただけるでしょう。

薪ストーブの魅力~BLISS-SPはオーロラのように美しい炎が魅力~

小型薪ストーブ

薪ストーブは冬のキャンプで大活躍する、魅力的なキャンプグッズです。薪ストーブの魅力とはどのようなところにあるのでしょうか。こちらでは、薪ストーブの魅力についてご紹介いたします。

リラックスできる

薪ストーブには窓ガラスが付いているタイプのものがあり、窓ガラスから揺れる炎を眺めることができます。薪ストーブの炎は、ずっと眺めていたいという方もいらっしゃるほど魅力的です。キャンプではゆっくりとリラックスして過ごしたいという方にもおすすめだといえるでしょう。2次燃焼とエアーカーテンを搭載し、炎がまるでアートのように映えるBLISS-SPなら、窓ガラス越しにオーロラの炎を見ているだけで癒されます。さらに、BLISS-SPは耐熱塗装ならではの落ち着いた色合いに仕上げており、細部にまでデザインにこだわっているため、所有しているだけで満足感が得られます。

温まる

寒い冬のキャンプでは、「暖まるものがほしい」と薪ストーブを持って行く方もいらっしゃるでしょう。機能性はもちろんのこと、窓ガラス付きの薪ストーブなら、炎を見ているだけでも暖かい雰囲気になるはずです。BLISS-SPは小型ながらも広々とした燃焼室と大きな窓ガラスを備えており、市販の35cmの薪を3本平置きすることができます。小型かつ軽量でありながらも、家庭用薪ストーブに劣らないスペックの高さが魅力です。

テント内で利用できるものもある

薪ストーブは煙突を利用して設置すれば、テント内で使用できるものもあります。冬のキャンプはテント内も寒いものです。薪ストーブがあればテント内でも暖まることができます。ただしテントメーカー推奨の使用法にならい正しくお使いください。FIREGRAPHIXでは、オプションとして様々なアイテムをご用意しております。煙を排出するだけでなく、上昇気流によって薪ストーブ内に空気を取り入れて燃焼効率を高める「オーバーレイチムニー」、テントやタープなどを煙突の熱からガードする「チムニーガード」、組み立て式でコンパクトなアウトドア用ストーブスタンド「ポータブルスタンド」など、テント内で使用する際に役立つアイテムが豊富です。

調理・温め

薪ストーブの多くは、調理に利用できるものや料理の温めに使えます。温かい料理が食べられるのは、冬のキャンプにうれしいポイントです。BLISS-SPは専用の五徳を炉内に置いて、12インチのピザを調理することもできます。BLISS-SP専用の五徳は素材そのものに窒化処理を施しているためサビにくく歪みにくいです。表面の微細な凹凸で焦げ付きを防ぎ、衛生的にご使用いただけます。また、ストーブ天面の温度は300度前後にもなり、お料理の調理にご活用ください。

FIREGRAPHIXが販売している薪ストーブ「BLISS-SP」は、きれいな炎でリラックスしたいという方におすすめの薪ストーブです。コンパクトなのでキャンプなどのアウトドアの際にも活躍します。また、通販で購入可能です。

炎がきれいでコンパクトな薪ストーブ「BLISS-SP」を通販で購入しよう

炎のゆらぎを見ていると心が安らぐという方も多いです。薪ストーブは様々な種類があるため、サイズや材質なども併せて確認しておくとよいでしょう。リラックスできるということ以外にも、寒い冬のキャンプでも暖かく過ごせる、調理や温めができるなどの魅力があります。

薪ストーブの炎を眺めてリラックスしたい方には、窓ガラス付きで炎が楽しめるタイプがおすすめです。FIREGRAPHIXの通販でご用意している薪ストーブ「BLISS-SP」は、本体サイズが縦318.5mm×横419mm×奥行512mmとコンパクトなサイズ感でありながらも、縦196~138mm×横395mm×奥行322mmの広々とした燃焼室を備えています。

スペックは家庭用の薪ストーブに劣らないため、空間を温めるのはもちろん、ピザの調理や作ったお料理の保温などが行えます。また、二次燃焼システムによる高い燃焼効率で、まるでオーロラのような美しい炎がお楽しみいただけるのも特徴です。日常の喧騒から離れて、特別な時間を過ごしたいという方にぴったりです。

キャンプ用薪ストーブをお求めならFIREGRAPHIXへ

会社名株式会社 寿産業
サイト名FIREGRAPHIX
代表取締役布田 昭人
資本金1000万円
創業年月日昭和42年2月3日
住所〒257-0015 神奈川県秦野市平沢462−1
TEL0463-82-2152(代表)
FAX0463-83-1535
メールinfo@fire-graphix.com
URLhttps://fire-graphix.com/
事業内容焼付塗装・粉体塗装・精密板金・レーザー加工 ・各種看板・機械部品加工
従業員数38名
工場敷地土地/1900m² 建物/延2800m²